歯科治療機器

当院では、日本には大規模な病院にしかない最先端の3次元画像撮影システムの【3DCT】、皆様の負担を大幅に減らす【デジタル口腔内スキャン】、どんな虫歯や根管の状態も見逃さない超高性能【マイクロスコープ(顕微鏡)】、1回の治療で効果を出す【ズームホワイトニングシステム】など、世界レベルの最新機器を使用しております。
以下に詳しくご紹介しましょう。

3DCT

CT
3DCTは簡単に申し上げますと3Dによるコンピューター撮影のできる高性能な機材です。
従来までのCTは平面の画像を何枚も撮影して患部を特定し治療にあたっておりましたので、最新の注意を払っても深い根管の状態を完璧に見極めるのに困難を極めました。また、撮影部位、角度等が良くないと皆様に何度も撮影していただかねばなりませんでした。ところが3DCTの導入により1度の撮影で状態が360度手に取るようにわかるようになったのです。歯科の場合は医科と比べてミクロン単位での患部情報が必要ですので、3DCTでスキャンすることにより従来のCTでは判別しえなかった根管の深い部分までハッキリ確認できます。それにより最善の治療計画を立て、皆様に完治への最短ルートをより少ない負担で進んでいただけます。
また、気になる被曝量も従来のCTの約5分の1です。

口腔内スキャン

7d

8d

近年その技術が確率してきた3Dプリンター技術を応用した最新機器が当院の口腔内スキャンです。
従来の印象採取(型取り)は皆様の口腔内に粘土状のものを押し付けて固まるまで待たねばなりませんでした。その際に医師側の人為的なミスも起こりえますし、口を動かしたり舌でつついたりしてしまっても印象が変わってしまい、マウスピース製作等、その後の治療に影響が出るような本物との差ができてしまうことが多々ありました。当院の口腔内スキャンは皆様の口腔内に一切触れない非接触の3Dの撮影技術です。また、デジタル撮影することによってプリントしたり技工所への送料なども抑えられますので、価格も低く設定し皆様に還元することができました。

マイクロスコープ(顕微鏡)

当院のマイクロスコープは人間の5倍から30倍もの精度に明るく拡大して治療が可能な医療用顕微鏡です。
マイクロスコープを利用することにより、通常では発見が難しかった根元にあるような小さな虫歯や微細な詰め物のズレ、歯のヒビ割れなども逃さず正確に治療することが可能です。特に根管治療やインプラント治療の現場においては、見えにくい歯の根元を明るく拡大するマイクロスコープが威力を発揮します。
また歯の内部にある歯髄は複雑に曲がりくねっていていますので摘出には可能な限り明るく詳細に見える必要があります。
当院のマイクロスコープを用いれば治療の成功率は高くなり、再発のリスクは低くなります。

ホワイトニング

w1

w2

当院が採用しているズームホワイトニングシステムは世界で最も高い効果を誇る最新のホワイトニングシステムです。
ホワイントニングを短期間で確実に行おうとするとオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に行うデュアルホワイトニングが最も適しているのですが、当院のズームホワイトニングシステムを使いますと1回で納得の効果が得られます。またかかる時間も歯の状態によりますが1時間前後です。高濃度の薬剤を使うので1回でかなり白くなりますが、よりハッキリとして効果をお望みの場合は2、3回と受けていただくことをオススメいたします。