歯科治療の最新機器

当院では【3DCT】【口腔内スキャン】【マイクロスコープ(顕微鏡)】【ズーム!ホワイトニング・システム】など歯科治療の最新機器を使用しております。

3DCT

CT

一般によく聞くCTとは、Computed Tomographyの略です。

コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。
歯科用CTとは、近年開発された歯科に特化したCT装置で、コーンビーム方式を用いているためコーンビームCTとも言われています。

主に、インプラントや親知らずの抜歯などの治療に用いられますが、耳鼻科領域(蓄膿症など)にも応用されることがあります。
三次元の高画質画像を用いることで、断層方式パノラマX線写真や口内法X線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ちます。

医科の分野においては、様々な場面で聞く診断法ですが、開発されたのは1970年代初頭です。
近頃では、目覚しい進歩を遂げて今ではマルチスライスCTが活躍しています。

医科に比べて、歯科の分野の場合はミクロンレベルでの情報を必要としますから、 医科の分野では大活躍のCTも、歯科の分野においては満足のいくレベルの高い空間分解機能は得られませんでした。

歯科用CTとは、コーンビーム式のスキャンを行う事で、短時間のX線照射による、歪みの少ない繊細な画像を断面で観察することができます。

歯科用CTと医科用CTとの大きな違いは、撮影方法が医科用は横たわるのに対し、 歯科用CTではどこのメーカーの装置でも座ったままでの撮影となることです。
また、撮影時間がかなり短く約10秒ほどで済みます。
被爆線量が医科の1/8~1/50と低水準であるところも大きな違いとなります。

口腔内スキャン

7d

8d

この方法では、歯科診療所で口腔内をスキャンしてそのデータを技工所に送ると、技工士さんはコンピュータ上で修復物を設計し、3Dプリンターで製作します。
従来のトレーを用いた印象操作は必要なくなりますので患者さまの負担を軽減することができます。

マイクロスコープ(顕微鏡)

このマイクロスコープは人間の視野の4~24倍もの視野で治療が可能な医療用顕微鏡です。
マイクロスコープを利用することによって、より精密な治療が行えるので、無駄に歯を削る心配がありません。
歯の神経は多い時で4本、5本に枝分かれし、曲がりくねっていたり、とても複雑な形をしています。
しかし、マイクロスコープを用いた場合、根管の壁の状態、先端を正確に把握できるため、治療の成功率は高くなり、再発のリスクは低くなります。

ホワイトニング

w1

w2

アメリカ発で世界No1のシェアをほこる最新のホワイトニングシステムです。ズーム!ホワイトニング・システムは、大変画期的なホワイトニング法です。
安全で効果的、そしてとても短時間で済みます。たった1時間少々で、あなたも驚くほど白い歯を手に入れることができるのです。
ズームホワイトニングは、結果をすぐに目で確かめたいという方に最適です。ズーム!ホワイトニング・システムは忙しい方にぴったりです。