インプラント

最短2ヶ月で完了し、痛みや不快感のない最先端インプラント治療の現場を紹介します。

インプラントのススメ

インプラント治療とは皆様がなんらかの理由で失ってしまった本当の歯の代わりにチタン製の人工歯を埋め込む治療です。
失ってしまった歯を再生するだけでなく虫歯による痛みや歯のぐらつき、噛み合わせの悪さなども一気に直すことが出来ますので、近年歯科治療の中で最も脚光を浴びている人気の治療です。
一度インプラント治療してしまえば今後は虫歯になりませんので、治療の機会に全ての歯をインプラントにする方もいらっしゃいます。それほどに安全性の確率された治療ということができます。
日本ではインプラント治療はまだまだ高額のため施術数そのものが少ないようですが、当院はその技術の高さとリーズナブルな価格設定によって世界中からインプラント治療を求めて皆様がお越しになります。世界が注目する当院のインプラント治療をぜひご検討ください。

インプラントとブリッジ、義歯の違い

「インプラントには興味があるもののブリッジや義歯との違いがハッキリわからない」、という質問をよくいただきます。
たしかにインプラントとブリッジや義歯は「失った歯に変わる人工歯を作成する」という部分では同じです。重要な違いは、「周囲の歯に影響するかしないか」ということです。
ブリッジや義歯が周りの健康な歯の力を借りて人工歯を固定する治療であるのに対し、インプラントは元の歯と同じく一本一本独立して埋め込むものになりますので周囲の歯に一切影響を与えません。よって、ブリッジがずれて痛みが出るとか周囲の歯が削れてしまうといった、「合わなくなってきた」という現象が起こりません。
また、ブリッジや義歯は口腔内の状況によっては土台作成の為に周囲の健康な歯をわざわざ削る必要がありますが、インプラントには必要ありません。

インプラント治療の価格や期間について

インプラント治療は見た目の美しさや噛む力の強さ、異物感のなさ、耐用年数などによって多くの皆様に選ばれている最も有効な治療方法です。
しかし、半永久的にインプラントを使えるようにするためには、外科的な手術によって顎の骨に土台を埋め込む必要があります。このため、どうしてもブリッジや義歯による治療よりも価格や期間がかかってしまいます。具体的な金額や期間はインプラントの本数や前処置としての治療必要性の有無、口腔内の状況によって大きく変化いたします。
一生ものの治療になりますので、納得のいく治療計画を一緒にたてていきましょう。

インプラントの安全性と歴史

インプラントの起源は紀元3世紀にまで遡ります。顎に鉄製の歯が埋め込まれている人骨の出土が最も古いようです。その紀元7世紀にも貝を顎に埋め込んだ人骨が出土しています。その後、骨とチタンが結合するという事実が発見され、世界的に有効な治療として広まったのはまだ比較的最近のことです。そのためまだ各国でインプラント治療は保険適用の対象になっていません。しかしながらインプラント治療は人類の長い試みによって昔から行われてきた治療行為であり、現在の加速度的な治療技術の進歩によって確実に、安全で最も効果の高い治療としてその地位は盤石なものになりつつあります。当院においてインプラントの術前、術後においても深刻な後遺症や弊害は報告されていません。

日本人から当院が選ばれる理由

当院は世界中からインプラント治療のご予約をいただいておりますが、とりわけ日本人からのご予約が群を抜いて多いです。
その1つの理由として、当院でのインプラント治療にかかる期間や値段が日本よりも大幅に節約できる、ということがあげられます。インプラントは治療中に数日は会社を休まないといけないような大掛かりな治療です。日本の歯科の場合、予約状況によって半年以上もかかることがあります。ところが当院では治療を集中して行うことにより「1週間の治療」を2回、といったスケジュールのカスタマイズが可能です。タイ旅行のついでにインプラント治療を行うことにより、旅費を全て合算しても日本で治療するより安く済むこともあります。
当院では長い研修と膨大な症例数によって間違いのない治療を行っており、予後に問題が起きる可能性のある場合は問題を解消しない限りインプラント治療をお断りいたします。インプラントを半永久的にお使いいただく為にはまず虫歯や歯周病の治療が必要です。この術前の治療がおざなりでインプラント治療をすると問題が後から出てくることになります。
経験豊富でお求め安く、無理なインプラント治療は絶対にしない。これが当院の誇りです。

インプラント治療のメリット

インプラント治療のメリットは以下のようにたくさんあります。

  • 噛む力が自分の歯と変わらない
  • ブリッジや義歯は噛む力が約半分ほどに弱まってしまうのに対し、インプラントでは元の歯と同等の力で噛むことがでます。噛む力が変わらないということは日常生活の中で「違和感を感じない」ということであり、歯のことを一切に気にせずに生活することができます。

  • 見た目でわかりにくい
  • インプラントはチタン製の歯でありながらも外見が本物の歯とそっくりです。言われても判別できないほど精巧に作成しますのでインプラント治療をしたことが周囲に気づかれません。反対にブリッジや義歯の場合は笑った時などにどうしても器具が見えてしまいます。見た目にこだわる方はインプラント治療を強くおすすめしています。

  • インプラント治療後の半永久的に使用できる
  • インプラントは10年後に問題なく使用できている確率はなんと90%以上もあります。ブリッジでは50%を下回り、義歯ではなんと10%にまで下がります。これはインプラントが一本一本独立した治療であることから得られる大きなメリットです。ブリッジや義歯は周囲の歯に大きな負担をかけるのでどうしても耐久性が下がってしまいます。

  • メンテナンスの煩わしさから解放される
  • インプラント手術は長いと1,2ヶ月~半年(埋め込む骨から作る場合)になることもある反面、完成すればメンテナンスは非常に楽です。基本的に治療後は3,4ヶ月ごとのメンテナンスを行い、2年目からは年に1回に減ります。この間、しっかりとしたオーラルケアを行うことによって更に長期にわたって使用していただくことができます。

  • 価格が落ち着いてきている
  • ほんの少し前まではインプラント治療といえば一部のお金持ちの特権でした。ところが現在は高い技術をリーズナブルに提供する歯科が増えたことから、随分とお求め安い価格に落ち着いています。

インプラント治療のデメリット

数々のメリットを誇るインプラント治療にも少なからずデメリットはあります。

  • 見た目が十分に回復しないこともある
  • インプラント治療をされる方の歯茎が健康でない、歯周病である、などの理由で歯茎が下がっている場合にはインプラントの根元にあたる金属部分が見えてしまうことがあります。そのような恐れがある場合には予めお伝えいたします。しっかりとご納得いただくまで、当院ではインプラント治療をおすすめしません。診察時にどんなことでもお気軽にご相談ください。

  • インプラント治療をお受けいただけないこともある
  • 口腔内に治療が必要な箇所があったり歯周病などがある場合、インプラント治療の前に完治させておく必要があります。これはせっかくインプラント治療をした後に細菌による感染などが起こるのを防ぐ為です。ご同意いただけない場合にはインプラント治療をすることはできません。

  • インプラント治療は手術である
  • インプラント治療とは、まず失ってしまった歯があった場所の歯肉を切開してインプラントの土台を埋め込み、縫合します。土台が骨と結合するのを待ってもう一度切開し、歯を差し込みます。このように2回の手術を行うわけですからある程度の身体的な負担は避けられません。このため、ご高齢の方や衰弱されている場合、その他の持病等で当院医師が不可能と判断した場合にもインプラント治療をお受け頂けません。

  • ある程度の時間がかかってしまう
  • インプラント治療は診断や術前の虫歯治療などを含めますと、治療終了までに半年ほどお時間を頂くことになります。これはインプラント治療の手術が2回あるということだけでなく、十分なカウンセリングと術前の治療行為の有無にも左右されます。まず初回の診断時点でインプラント治療完了までの想定期間をお伝えすることができます。

  • インプラント治療ができない場合もある
  • インプラント治療はまず歯茎に土台を埋め込むところから始まるため、土台を固定するのに必要な骨が十分でない場合はそもそもインプラント治療をお受けいただけません。そういった場合、土台のための骨を作る手術から行うことでインプラント治療ができるようになる場合もあります。
    また、喫煙暦の長い方の中は口腔内の状態の悪い場合があり、手術ができない(骨と土台が結合しにくい、もしくはしない)ことがあります。インプラント治療の後は完全に禁煙していただきますことで、インプラントをより長持ちさせることができます。

インプラント治療のスケジュール

事前の診察と入念な打ち合わせにより、インプラント治療を開始することが決まった場合の日程をご紹介します。

1日目
当院院長であるアティパン医師が日本語でご説明します。治療期間や方法、日程などについてわからない部分のないように心がけますが、ご納得いただけるまで何度でもご質問ください。事前の診察で撮影した3Dデジタルスキャナーの画像を用いて皆様と情報の共有を徹底いたします。

2日目
歯肉を切開しインプラントの土台部分を埋め込みます。世界最高水準のストローマン社製品を使いますので早くて痛みもほとんどありません。手術後も痛み止めを数錠お飲みいただく程度です。また土台の上にかぶせるクラウン部分の作成も同時に行います。当院はオーラルスキャン完備ですので、皆様の負担はほとんどありません。

2ヶ月後
もう一度切開して作成したクラウンを被せます。チタン製の頑丈な歯が装着される嬉しい瞬間です。これで治療は終了。
定期的なメンテナンスをお受けいただくことでインプラントを永久的に使えるようになります。