根管治療

歯の中にある、神経と血管を合わせて合わせて歯髄(しずい)と呼びます。そして歯の中の歯髄の通っている部分を根管(こんかん)と呼びます。
根管にある歯髄を取り出す治療を根管治療と呼びます。
虫歯がひどくなると細菌がエナメル質から象牙質を経て更に内部にある歯髄にまで到達してしまうことがあります。意外に思われるかもしれませんが固い歯の内部には血が流れており神経が通っていますので、虫歯が歯髄にまで達すると夜も眠れないような激痛に悩まされることになります。こうなると通常の歯科治療では完治させることができず、傷んだ歯髄を摘出する治療が必要になります。

根管治療は、まず傷んだ歯髄を取り除くことから始まります。歯髄自体は歯の成長期においてはとても大事なものですが、成人になり永久歯が生え揃った後は歯髄がなくても歯を保つことができます。そのため、傷んだ歯髄をそのままにしておくよりは、更なる炎症や感染を防ぐために歯髄を取り除くほうがメリットとなることがあります。歯髄を取り除いた根幹の隙間をきれいに洗浄、消毒し、その内部を人体に害の無い薬剤で満たします。歯髄の洗浄と薬液の充填が終わった後、ここを被せ物や詰め物で蓋をして完全に塞いでしまいます。

JPグリーンデンタルクリニックでは根管治療に精通した専門医によるマイクロスコープを使った正確かつ確実な治療を行い、皆様の大切な歯を極力残すよう努めています。

根管治療の重要性

根幹治療とは、ひどい歯の痛みをなくして歯の寿命を伸ばす治療のことをいいます。
具体的には傷んだ歯髄を取り除いて消毒・詰め物をして、痛みがあった歯を今まで通り使えるように治療する行為です。
一般的に虫歯は自然治癒しません。治療せずに長期間放置している方、長期的なヘビースモーカーの方、歯の定期的なメンテナンスの習慣がない方ほど根管治療の必要になる可能性が高いです。
近年、糖尿病や心臓病に歯周病菌が深く関係していることが判明し、オーラルケアの重要性が認知され始めました。実際に口腔内になんらかのトラブルを抱えている方が糖尿病等に罹患する確率は、トラブルのない方に比べると3ー10倍にものぼるという臨床結果が出ております。一般的な治療で済むか根管治療が必要かは、虫歯を早期に治療できるか否かにかかっています。根管治療が必要かどうかは経験を積んだ当院の歯科医が初回診断時にお伝えいたします。
またインプラント治療をご希望の場合でも、他の箇所に根管治療が必要な虫歯がありますと細菌の二次感染を防ぐために、まず根管治療が完了するまではインプラント治療を受けていただけません。

根管治療の痛みや治療期間は?

根管治療の治療法は簡単に説明しますと歯髄を取り出して被せものをする、ということです。具体的にはエナメル質を削り歯肉を切開して汚染された歯髄を取り出します。取り出したあとの隙間に歯の補強と内部の殺菌のための薬剤を充填します。この時に隙間が少しでも残ってしまうとそこから細菌が繁殖して再切開が必要になるので高いレベルの技術が必要です。ごくまれに治療後に痛みの残る方もいらっしゃいますが、2日程の痛み止めの服用で治まる程度の一時的なものです。また歯髄を全摘出すれば完全に痛みはなくなりますが、歯に栄養が行き渡りにくくなるので歯の寿命自体は短くなってしまいます。そのため、当院では汚染された歯髄のみ摘出するよう心がけています。このメリットデメリットも初回診断時のカウンセリングにて十分にご説明いたします。
また、世界的に最も最新鋭のマイクロスコープや3DCT(歯科用CT)を用いて根管の状態を正確に把握できますので、治療の成功率・再発率共に最低限まで抑えることができます。